驚きの連続ですよ

寝る前にスマホは良くない

ちょっと昔までは寝る前にテレビを見ているという人が多かったのですが
最近ではスマートフォンやタブレットが普及してきたことで寝る前にテレビを
見る人よりもそういった機器を使って動画を視聴している人が増えているそうです。
月額料金で見放題の動画サービスも話題になっていますからね。ただ、テレビも
そうなのですが寝る前にスマートフォンやタブレットを使っていると睡眠の質が
低下してしまうと言われているので注意が必要です。原因はタブレットやスマホに
使われているバックライトディスプレイです。このバックライトディスプレイには
メラトニンを抑制する効果があります。メラトニンというのは生体リズムを整えるのに
重要な役割を持っていて基本的にメラトニンが抑制されるのは太陽の光を浴びている
昼間の時間帯です。しかし、バックライトディスプレイがメラトニンを抑制することで
体内では昼間だと勘違いしてしまうので眠ることができなくなってしまいます。
さらにゲームやSNSを利用することで交感神経が優位になっている状態になるので
それで脳が活発になってしまい眠れなくなることも原因の一つとされています。