驚きの連続ですよ

眠れない時に重要な物質のバランス

よく眠れないという場合にはセロトニンやメラトニンという物質が挙げられて
両者のバランスを取ることが大切だと言われたりします。セロトニンは日中に
分泌される物質でメラトニンというのは夜寝る時に分泌される物質です。
不眠症やうつ病などの人はそのほとんどがセロトニン不足だと言われています。
なのでセロトニンの生成に必要な栄養素を吸収したり、早起きをして陽の光を
浴びたり、体を動かしたりするといいでしょう。一方で脳内から出る睡眠薬とも
言われているメラトニンを増やすことも大切です。メラトニンは増やすという
よりも抑制するような行動を控えるということのほうが大事かもしれません。
例えば最近ではスマホやタブレットを寝る前に布団の中で操作したり動画を
見たりしている人も多いかもしれませんがこういった行動はメラトニンを
抑制することにつながります。これはスマホやタブレットのバックライトに
メラトニンを抑制する効果があるからです。なので夜眠れないからといって
暇つぶしにスマホやタブレットを操作していると余計眠れなくなるということです。